NEW BL600 & TL600









BL & TL とは?

※写真はプロトタイプにつき、製品版とは異なります。



次回発売予定のBL600とTL600についてご紹介します。


CROPSのテールライトといえばオートモード付きの "EZ500MU" ですが、600シリーズはその上位機種になります。

BL TLはそれぞれ違った機能を持ちますが、共通する機能をご紹介します。



"オートモード" EZ400MUから引き継がれた機能になり、振動と明暗センサーにより、トンネルなどの暗い場所で自動でライトが点灯し、デイライドでのバッテリー消費を節約することができます。

これまでのシリーズ(EZ400MU/EZ500MU)はオート点滅でしたが、夜間の使用も配慮して、 BL TL共にオート点灯になっています。



"モードメモリー"

ON / OFFの操作をボタン短押しから長押しに変更し、それに伴いモードメモリー機能を追加しています。モードメモリーは、最後に選択して使用した機能を電源OFF時に記憶することで、次回電源をONにした際にその機能を直ぐに使用できるというものです。






続いて、それぞれの特徴を見ていきましょう!








BL600



Gセンサー搭載


ブレーキを掛けた際の"G"を感知してLEDが強く発光し、後方にブレーキングを知らせます。夜間や暗がりでは、ライダーのハンドサインとブレーキランプを併用することで、より安全性を高めることができます。Gセンサーは全てのモードで作動します。




COB LED


通常使用時にはセンターLEDが発光し、Gセンサー作動時(ブレーキング)に両サイドの

COB LEDが光ります。通常発光は1LEDになりますが、大口径レンズでこれまで以上の明るくなっています。







TL600




ワイヤレスウィンカー


付属のコントローラーにより、ウィンカーを操作することができます。

自転車での方向指示器の使用は、路肩に止まっている車を追い越すに後方に知らせる意味と、サイクリングなどで先導するようなシチュエーションで、後続車に進路を知らせる際に活用できる機能です。




グループペアリング


1台のコントローラーで複数のTL600MUを同時に操作する機能です。







まとめ

BL TL共に通常のテールライトとして非常に使いやすいスペックとなっており、お好みの機能を持った機種を選んでいただける仕様となっています。


写真は開発中の物になりますので、実際は下部パーツがEZ500MU同様の半透明になり、それぞれのモデル名が入ります。


発売は2019年春ごろを予定しています。

スペックなどは製品ページにてご確認ください。



製品ページ


BL600MU

TL600MU


  © 2020 CROPS Co.,Ltd.

1-1-24, Honmachi, Hyogo-ku, Kobe, 6520834 Japan
Tel:+81-78-381-7494 Fax:+81-78-381-7495

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

Follow SNS