WORLDCYCLE BECKON FESTA 2019


4月28日、今年も参加させていただきました!


BECKONさんは、大阪の中心部にあるスポーツサイクルショップで、ネットショッピングの"ワールドサイクル"でもお馴染みです。








BECKON FESTAはそのワールドサイクルさんが開催するロードレースのイベントです。


開催場所は、滋賀県東近江市栗見新田町(くりみしんでんちょう) のふれあい運動公園内特設周回コースという琵琶湖に面した河川敷。


目の前に琵琶湖の支流?があって、芝生も綺麗に整備された気持ちのいい場所です。











*出展社



このイベントはCROPSの出展するイベントでは最も朝が早いです!


AM 5:30 から搬入開始し、テントを組み立てたり展示品の準備をしていきます。







CROPSからはスタッフ1名での参加になりますので、大量の荷物を持ち込むことはできません...


限られた物量で、来場者の方々に楽しんでいただけるよう色々と工夫します。











今回のブースは、今までと違った雰囲気になっており、ウッドなテイストを多く取り入れていました。


海外でのCROPSの印象は "Caffe lock☕️" カフェテラスで過ごす際に、近くに自転車を置いて使うコンパクトロックという感じらしいです。


このイメージは我々としましても非常に嬉しく思っていますので、日本でももっと認知してもらえるよう、このような雰囲気作りに力を入れています。








お手製の展示台です(笑)


このU字の金具を使って作った棚は我ながら良い出来でした。




自転車の鍵って、あくまでも自転車が主役であり、その快適なサイクルライフをサポートするのが本来の目的です。


鍵の新製品!バーーン!て展示するのも良いのですが、「あのカフェに自転車で行って美味しいコーヒーを飲もう」「あっ、ちょっと鍵も必要だな」というイメージをしていただければ、直感的ではないにしても、自転車=鍵というイメージが自然の流れになると思います。








しかも、どうせ使うならカッコイイ鍵で、さらに使いやすくて、ヘッドを刺した時もスムーズで気持ち良い方がいいじゃないですか!


というコンセプトの元、ちょっと高いですが(笑) 良い物を皆様に提供出来るよう日々努力しております。



新製品のK4ブレードロックや、こだわりのライトシリーズも好評でした!



ちなみにこのブレードロック、K4-FBLといいます。

FBLはフォールディング ブレードロックの略で、折りたたみ式の鍵になります。


K4シリーズということで、勿論ライオンアラームも接続可能ですよ!


ロードバイクにはちょっと重量級の鍵になりますが、重い=強いですから^^

通勤用のサブバイクや、近年流行のイーバイク(電動アシストスポーツバイク)には最高に良い鍵です。


K4-FBLの発売はまだ未定ですが、現在最終のスペック調整に入っています。

LION ALARMは既に発売しておりまして、自転車勿論、オートバイのシーンでもご好評いただいております!


気になる方は是非チェックしてください



K4-FBL

https://www.crops-sports.com/product-prok4-foldinglock


LION ALARM

https://www.crops-sports.com/product-lionalarm-z110al











*イベントは大変盛り上がりました!





運営上じっくりとレースを見ることはできませんが、コースが非常に近く、数メートル先を駆け抜ける選手は迫力満点です!


数十台の自転車が一斉に通過する迫力は、実際に現場で見ないと感じることはできません。



これからロードに乗るという方、レースに興味がある方にも見て欲しいですね!







CROPSブースはメインステージに面していましたので、会場の盛り上がりを凄く感じることが出来ました。


ライド講座やケミカル講座などもあって、タイトスケジュールの中楽しめる要素も盛りだくさんでした。




来年も開催されるようなので、是非会場に足を運んでください!

CROPSも、皆さんに楽しんでいただけるコンテンツを用意できるよう頑張ります!







  © 2020 CROPS Co.,Ltd.

1-1-24, Honmachi, Hyogo-ku, Kobe, 6520834 Japan
Tel:+81-78-381-7494 Fax:+81-78-381-7495

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

Follow SNS